エブリイ5AGSは乗りにくい?!現役オーナーがその是非と快適な運転方法を解説

雑記

<当ページにはプロモーションが含まれています>

エブリイ5AGSの購入を検討している、もしくは乗りにくいと感じている皆さんこんにちは。

5AGS(HBD-DA17V、2018年式)ユーザーのなめくじです。

本記事では5AGSの是非と快適な運転方法の一例について現役オーナーが紹介します。

5AGSは特殊なトランスミッションであり、正直に言えば人によって向き不向きがあります。

車は決して安くない買い物です。

これから買う方はしっかり記事を読んで後悔のない購入を、持っている方は運転をより快適にしてくださいね。

ちなみに著者のなめくじは車の整備士でも、自分で車の足回りやパワートレインをカスタムするような玄人でもないことは予めご了承くださいね。

エブリイ全体のインプレッションを知りたい方は先にこちらの記事をお読みください。

キャンプ・車中泊2年目、30代夫婦の夫のほうです。

夫婦キャンプや車中泊の楽しさを発信して、「始めてみようかな」という方たちが増えるといいなと思っています。

下の楽天ルーム(R)ではお勧めギアを紹介してますので、興味があれば覗いてみてください!

#なめくじをフォローする

結論

  • 5AGSはAT限定免許でも運転できる
  • 5AGSはクセが強く、人によって向き不向きがはっきり分かれる
  • 独特の運転特性を理解すれば快適に運転できる
  • Nレンジ使用の運転方法は自己責任でどうぞ

5AGSとは

5AGS(5Auto Gear Shift)とは簡単に言うと「電子制御式の5速マニュアル車」です。

大切なのでもう一度言いますが、5AGSはマニュアル車です。

さて本来マニュアル車(以下MT車 )は左手と左足の同時操作でシフトチェンジしますが、5AGSでは自動(Dモード)または左手操作(Mモード)のみで行います。

なめくじ
なめくじ

MT車の運転経験が無ければDモード推奨です

つまりクラッチペダルが無いため、仕組みはマニュアルであってもAT限定免許で運転できます。

ギア選択や半クラッチも自動制御されているため、MT車と違ってエンストは起こりません。

一見便利なこの制御系ですが、実は良くも悪くも運転適性や乗り味へ大きな影響を与えています。

5AGSの是非について

まずはオーナーとして、5AGSの是非についての見解を述べます。

  • ちゃんと考えて選べば優秀
  • クセが強い

冒頭お伝えした通り、なめくじは「5AGSは人によって向き不向きがある」と考えています。

例えば運転方法を試行錯誤したくなかったり、CVTと同じ乗り味を求める方には向いていません。

一方で特性を理解し長所を生かす運転ができたり、必要なカスタマイズが能動的にできる方にとっては、良いトランスミッションと言えます。

実際になめくじは5AGSを選んで正解だったと思っていますし、1年以上経った今も快適に運転できています。

なめくじ
なめくじ

通勤・買い物・車中泊・キャンプにと活躍中です

※なめくじがエブリイ5AGSを選んだ理由を知りたい方は以下の記事をお読みください

5AGSのメリットとデメリット

次にオーナーとして日々感じる、具体的な5AGSのメリットデメリットを紹介します。

メリット

  • 運転が楽しい
  • 高積載時や登坂時でも力強さがある
  • 渋滞時ではMT車よりも運転が楽
  • AT限定免許の家族でも運転できる
  • 4AT車よりも燃費が良い
  • 4AT車より車両価格が安い

4ATや5MTと比べてギア比が大きい5AGSは出だしの力強さがあり、高積載前提のユーザーにとって大きなメリットがあります。

軽貨物運送は当然として、車中泊、バンライフ、キャンプやアウトドア用など幅広く活躍してくれることでしょう。

なめくじ
なめくじ

最新型はターボ車がないので、5AGSが一番高積載向きです

またグイグイ登れるので、坂道が多い街にお住まいの方にもおすすめです。

デメリット

  • 運転特性のクセが強い
  • 出だしが遅い
  • 5MT車よりも燃費が悪い
  • 5MT車より車両価格が高い
  • AGSアクチュエーターが壊れると修理費が高い

燃費や車両価格については多少変わるという程度で、決め手になるほど大きいメリットでもデメリットでもありません。

AGSアクチュエーター(電子制御の心臓部)の修理費が高い(らしい)のは明確なデメリットですが…。

やはりほとんどの人にとっては、5AGSの独特な運転特性を理解して扱えるかが課題でしょう。

ここが5AGSの面白さや有用性であり、同時に向き不向きが分かれる最大のポイントでもあります。

なめくじ
なめくじ

理解しなくても運転できますが、快適ではないです

5AGSの運転特性について

5AGSには以下のような、独特の運転特性があります。

  • Dモードでは自動シフトダウン自動シフトアップ
  • Mモードでは自動シフトダウン手動シフトダウン手動シフトアップ
  • 1速は使う機会がほぼない=実質4MT(AT)仕様
  • 2速もギア比が低いので出だしが遅い
  • 高積載時でもちゃんと走る

Dモードについて

自動でシフトチェンジが行われるDモードは、AT車やCVT車の運転操作と同じです。

利点は「運転が楽なこと」と、「誰でも運転できること」で、欠点は「シフトショックが大きいこと」です。

ただしこの欠点は、ゆっくりな加速を心がけたりアクセルワークを最適化(※)したりすることで、ある程度は回避できます。

※シフトアップ直前でアクセルを軽く煽ってから一瞬抜く

注意点として、登坂時の特定勾配や走行速度では2速⇄3速など頻繁にシフトチェンジされ、とても不快な乗り味になることが挙げられます。

なめくじ
なめくじ

こんな時はLレンジのように大人しくMモードを使いましょう

Mモードについて

Mモードはシフトアップが手動のみ、シフトダウンが手動+自動の運転モードです。

マニュアルモード付きAT車やMT車の運転経験があればすんなり馴染めますが、通常のAT車やCVT車の運転経験しかない方は戸惑うかもしれません。

利点は「燃費走行〜キビキビ走行まで調節できること」と「シフトショックを限りなく減らせること」です。

欠点は「Mモードを使えない or 拒絶反応を示す人がいること」です。

なめくじ
なめくじ

AT限定免許のなめくじ妻も、Mモードを使う気が全くありません

Mモードは先述の登坂時でのギア固定や、長距離の下り坂で強くエンジンブレーキを利かせたい時にも使用します。

1速の使い勝手について

1速はギア比の関係上、かなりローギアな「B」レンジに相当し、とても使いづらいギアです。

また1速はトルクが太いせいか、ブレーキを踏んでも一瞬滑るように前へ進む感覚があります。

1速の活用シーンは、高積載状態での坂道発進や急峻な登坂時などに限られます。

なめくじ
なめくじ

ほとんどの方は、1年に1回使うかどうかというレベルです

出だしについて

5AGSでは電子制御で出だしの半クラッチ操作をしてくれるのですが、残念ながら繋ぎ方がモッサリしています。

その為、停止状態からの発進などでは、他車と比べると基本的に出だしが遅くなります。

また1速〜3速がかなりローギアードに設定されているので、30〜40km/hぐらいの速度に乗せるまでにも時間がかかります。

もちろん2速からアクセルを強く踏み込めばそれなりの出だしや加速感にはなりますが、燃費の悪化やクラッチディスクの摩耗を招くでしょう。

高積載時でもちゃんと走る

出だしが遅い欠点がある一方で、5AGSは高積載時でもちゃんと走ります。

例えば荷物や乗員を多く乗せた登坂走行でも、適切なギアさえ選べば力強く走ることができます。

なめくじ
なめくじ

さすが軽貨物車両といったところですね

5AGSを快適に運転する方法

さて本記事2個目のテーマである5AGSの快適な運転方法について紹介します。

なめくじ
なめくじ

あくまで1ユーザーの運転例として受け止めてください

快適に運転するためになめくじが心掛けていることを以下に羅列し、順に解説していきます。

  1. Mモード主軸で運転する
  2. 出だしの遅さは割り切る
  3. 手動シフトアップの最適化
  4. シフトチェンジ時は一瞬アクセルオフ
  5. 右左折時はちゃんと2速まで落とす
  6. Nレンジの使用

なめくじ自身5AGS車を運転するのは初めてだったので、独特な運転特性に不慣れな最初はかなり慌ただしい乗り味でした。

しかし今では、車に詳しくない方なら特に何も思わない程度には、スムーズに運転できています。

①Mモード主軸で運転する

なめくじはダラダラ続く渋滞以外はすべてMモードで運転しています。

なぜならDモードはMモードと比べると、どうしてもなめらかな加速がしにくいのとシフトショックを抑えきれないからです。

なめくじ
なめくじ

運転を最適化できる方なら、絶対にMモードです

具体的なMモードでの運転方法について知りたい方は、下記記事も参考にしてください。

②出だしの遅さは割り切る

先にお伝えした通り5AGSは出だしが遅いのですが、ココは割り切ります。

2速で引っ張ると燃費が悪化する上、高回転のエンジン音が室内を直撃するため、かなりうるさくなります。

なめくじ
なめくじ

軽バンですがトラックやバスのイメージで発進しています

③手動シフトアップの最適化

5AGSを快適に運転するには、手動シフトアップの最適化が重要です。

なめくじが普段している燃費重視の運転では、以下(平地、数字はメーター読み)のようにシフトアップしています。

  • 2速:停止〜22km/h
  • 3速:22〜36km/h
  • 4速:36〜42km/h
  • 5速:42km/h以上

これは車重や年式、車の状態などで変わるでしょうから、多少数値は前後すると思います。

なめくじ
なめくじ

なめくじの街乗り運転では、これ以上引っ張ると燃費が悪化しました

ただしこのような低回転で運転し続けるのは、実はエンジンにとって厳しい使い方となります。

ベストカーWeb様「【エンジンを長持ちさせる秘訣】あまり乗らない 高回転まで回さない方がいいのか?

よって月に1〜2回は旅行や遠くへの買い物ついでに高速道路を走り、エンジンを十分に回すように心がけています。

④シフトチェンジ時は一瞬アクセルオフ

5AGSの機構はMT車ですので、シフトチェンジ時にクラッチが再接続するまで、わずかなエンジンの空転時間ができます。

多少は電子制御されているようですが、それでもアクセル踏みっぱなし運転ではエンジンが空転し、それによってギアとの回転数が合わなくなりシフトショックが出ます。

よってシフトチェンジ時はタイミングを見計らって最小限でアクセルオフし、クラッチが繋がった状態で再度アクセルを踏み足します。

なめくじ
なめくじ

踏みっぱなしはおそらくクラッチディスクの摩耗も早めます

⑤右左折時は先に2速まで落とす

右左折時に自動シフトダウンに任せて減速していくと、曲がっている途中で3速から2速に落ちる場合がままあります。

タイミング次第ではアクセルが反応せず(※)危なかったり、エンジンブレーキの効きが急に変わって前後に揺れながら曲がることになります。

※自動シフトダウンが始まるとコンマ何秒かアクセルが無効になります

よって途中で2速に落ちそうな鋭角左折では、敢えて曲がる直前で2速に手動シフトダウンします。

なめくじ
なめくじ

鈍角な曲がり角ではやりません

⑥Nレンジの使用

一番賛否が分かれるであろう運転方法が、この「Nレンジの使用」です。

Nレンジの使用とは、Nレンジに入れながらフットブレーキのみで減速〜停車する走行方法で、「コースティング」とも呼ばれます。

NGとされることも多い運転方法ですが、一部のトラックや欧州車ではエコ機能として標準実装されていたりするそうです。

Nレンジを使用しながら運転すると、「減速時のシフトショックがゼロになる」「燃費が改善する」メリットが得られます。

減速時のシフトショックがゼロになる

5AGSでは少し強めにブレーキを踏むと連続で自動でシフトダウンして、加速度的にエンジンブレーキが効き始めます。

また同時にゴツゴツと振動が響くような弱めのシフトショックを感じます。

こういった制動Gの変化やシフトショックは、酔いやすいなど運転や乗車体験の質を損ねます。

なめくじ
なめくじ

多くの女性にスポーツカーが好まれない理由の一つです

一方Nレンジにシフトを入れた状態でフットブレーキで一定に減速すれば、シフトショックゼロで停車できます

長い下り坂では事故防止のために、必ずエンジンブレーキを使います

燃費が改善する

車は本来、一定のアクセルオフやブレーキ時での①ガソリンカット機能を備えています。

逆にNレンジに入れるとエンジンはアイドリング状態になるので、②(濃い目の)ガソリンを消費し続けます。

よってNレンジに入れながら停車する運転方法は、一見燃費が悪化するように思えます。

しかし、なめくじの実測データでは、実は燃費が0.5km/L程度改善しています。

なめくじ
なめくじ

色々考察はありますがここでは割愛します

ちなみになめくじがNレンジに入れるのは停車予定の位置から5m程度手前で、以下の速度を目安にしています。

  • 5速走行時:32km/h目安でNレンジへ
  • 4速走行時:22km/h目安でNレンジへ
  • 3速走行時:20km/h目安でNレンジ or 自動シフトダウン
  • 2速走行時:やる意味なし

Nレンジ使用の注意点

Nレンジを使用する運転には、以下のような注意点があります。

  1. やり方次第では燃費が悪化する
  2. Nレンジ時に追突されると車が吹っ飛ぶ
  3. シフトを戻し忘れると次の発進時に空ぶかしになる
  4. 下り坂ではフェード現象やベーパーロックが起きるのでNG
  5. ブレーキパッドの摩耗が早くなる
  6. シフト周り部品の劣化が早くなる
  7. 停止前の再加速が必要な時にクラッチに負荷を与える

①は慣れ、②や③は停車後すぐにシフトを戻す癖を付ければ回避できますし、④は運転手としての常識の問題です。

さてNレンジでの減速ですが、フットブレーキを多用する関係で⑤ブレーキパッドの摩耗が早くなと考えられます。

なめくじ
なめくじ

丁寧に運転すればあまりフットブレーキは使いませんけどね

またMモードでのシフト操作にNレンジへの頻繁な操作を上乗せすると、シフト周りへの負荷が高まります。

Mモードがあるので多少耐久性はあるでしょうが、それでも⑥シフト周りの部品が劣化して渋くなったり、通常使用よりも早く故障するかもしれません。

最後にNレンジに入れて減速している途中に車列が動き始め、再加速が必要になる⑦のシーンを考えます。

車列が完全に停止しない減速は自動シフトダウンに任せるべきですが、実際にはこういった誤算が割りと起きます。

この場合はクラッチにダメージが入らないような回転数をイメージしながら、再度D/Mモードに入れるしかありません。

経験上では、停車直前(5km/h程度)か15km/h程度を目安にしてD/Mモードに入れ直すとシフトショックが起きにくいです。

AT車でNレンジ使用運転はダメ

以上のNレンジを使用する運転方法は、5AGSがMT車ベースだから問題無い(と、なめくじが判断している)だけで、AT車やCVT車で行うと故障の原因となります。

AT車やCVT車の方がたまたま本記事を読んだとしても、決して真似しないでください。

簡単でそこそこ快適な運転方法

「こんな細かいことやってられないよ」「こんな運転を家族にさせるのは絶対無理」という方向けに、簡単でそこそこ快適な運転方法をお伝えします。

結論から言えばシンプルで、Dモード丁寧に運転しましょうということです。

5AGSのDモードは、例えるならMT車の運転にそこまで慣れていない人間にクラッチ操作を任せているようなものです。

なめくじ
なめくじ

5AGSをディスってる訳ではないです、本当に

当然、連続でシフトチェンジしなければいけない急加速や急減速などを行うと、クラッチ操作が雑になってシフトショックが発生するのです。

逆に穏やかなアクセルやブレーキワークを心がければ、シフトショックが最低限の、そこそこ快適な乗り味になります。

5AGS購入の際には

5AGSは独特の”クセ”があるため、購入を検討する方は試乗することをおすすめします。

お近くのスズキディーラーで試乗できるお店を探す際は、公式の検索機能を使いましょう。

またなるべく安くお得に購入したい方は、中古車での購入もおすすめです。

なめくじ
なめくじ

なめくじは4年落ちの中古車を購入しました

エブリイ5AGSは現場仕事でも多く使われており、節税のため頻繁に買い替えられるのか、程度の良い数年落ち個体が豊富です。

また大手中古車販売会社では買取車両数が多過ぎるため、中古車情報サイトへ未掲載となっている在庫があったりもします。

ご希望の条件を満たす5AGSが中々見つからない場合は、中古車販売会社へ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

2速発進機能と年式などについて

現行型では2速発進機能が標準搭載されていますが、2015年7月以前に製造されたエブリイでは残念ながら装備されていません。

快適に運転する上で2速発進は必須機能なので、2速発進機能がない年式のエブリイはグレードによらず非推奨です。

なめくじ
なめくじ

昔のエブリイでもアクセルワーク次第で2速発進できるらしいですが…

またMT車の運転が好きで5MT車を購入できる方には5MT車を推奨します。

エンジンオイルをマメに交換できる方であれば、5MTのターボが燃費と走りを両立していておすすめですよ。

最新型では消えましたけどね…。

タコメーターの有無について

中古のエブリイを探していると、年式によってタコメーターがあったりなかったりします。

5AGSにおけるタコメーターの必要性についてのなめくじ的見解は、「有ると嬉しいけどすぐ慣れるから要らない」です。

シフトアップのタイミング(回転数)については、1週間も運転すればエンジン音や速度表示などで判断できるようになります。

それでもどうしても欲しい方はタコメーター付きの新しめのエブリイを購入するか、社外品を後付けしましょう。

最後に

本記事の内容は、車好きの方以外にとってはちょっとマニアックで、理解しづらい部分があったかと思います。

また最初にお伝えした通り、なめくじ自身は車の素人なので、間違った知識が紛れ込んでいるかもしれません。

分からない点や疑問点については、ご自身で更に調べたり車に詳しい知り合い又はプロに聞いてみてください。

さて5AGSですが、とても面白いトランスミッションで、特性を理解して選べばおおいに価値があると考えています

「自分の使用環境や性格に向いていそうだな」と思ったら、どうぞ前向きに考えてみてくださいね。

またすでに5AGSを所有して「乗りにくいな」と思っている方は、なめくじの運転方法を一度試してみてはいかがでしょうか。

※Nレンジ運転は特に自己責任でお願いします

もしかするとグッと快適に運転できるようになるかもしれませんよ。

こちらの記事でエブリイ全体のインプレッションを、こちらの記事ではMモードに特化した快適な運転の仕方をまとめていますので、興味がある方はどうぞお読みください。

なめくじ
なめくじ

ではまた次の記事でお会いしましょう

タイトルとURLをコピーしました