キャンプで車中泊をしよう!気軽に挑戦できる車中泊キャンプの魅力とは?

ソロキャンプ

<当ページにはプロモーションが含まれています>

キャンプは楽しいけど、毎度設営や撤収、自宅での片付けに時間がかかって大変…。

そう思うことってありますよね。

近年注目されている「キャンプ×車中泊」というスタイルは設営や撤収が簡単にできるため、ゆっくりとキャンプを楽しみたい方には最適です。

そこで本記事では、車中泊キャンプとはなんぞや?そしてその魅力とは何か?というところを紹介します。

ご自身でできそうであれば、ぜひ一度挑戦してみてくださいね。

キャンプ・車中泊2年目、30代夫婦の夫のほうです。

夫婦キャンプや車中泊の楽しさを発信して、「始めてみようかな」という方たちが増えるといいなと思っています。

下の楽天ルーム(R)ではお勧めギアを紹介してますので、興味があれば覗いてみてください!

#なめくじをフォローする

車中泊キャンプとは?

車中泊キャンプとは、日中はタープなどの下でキャンプを楽しみ、夜はテントではなく車の中で寝るというキャンプスタイルのことです。

通常のキャンプと違い、車を寝室とすることで後述するような多数のメリットが生まれます。

一方で車中泊に適した車を選んだり、事前に車内をカスタムする必要があったりします。

車中泊キャンプの魅力

車中泊キャンプには以下の通り、通常のキャンプには無い様々な魅力があります。

  1. テントの設営と撤収の手間が無い
  2. 着いてすぐ、または時間ギリギリまで楽しめる
  3. 鍵をかければ就寝時も安心
  4. 蚊や虫が侵入する心配が無い
  5. テントより暖かい
  6. 手荷物が少ない
  7. 比較的安価にキャンプできる

①テントの設営と撤収の手間が無い

車中泊キャンプ最大の利点が、テントの設営&撤収作業が無いことです。

テントの設営が無い分、キャンプを始めるまでの手間も時間もかかりません。

また大型のテントになるほど設営や撤収が大変だったり、ちゃんと設営できなければ崩れる心配があったりします。

なめくじ
なめくじ

先日、初心者キャンパーのテントが崩壊したのを目撃してしまいました

よってテント設営&撤収が無い点は、初心者からベテランキャンパーまで非常に大きいメリットと言えます。

②着いてすぐ、または時間ギリギリまで楽しめる

車中泊キャンプではテントを設営する必要が無いので、キャンプ場についてすぐにキャンプを楽しめたり時間ギリギリまで過ごすことができます

なので例えば、到着後に周りをゆっくり散策してみたり、翌朝にも焚き火をする余裕ができたりします。

なめくじ
なめくじ

私のところは通常のキャンプだと時間の都合で朝焚き火を妻に止められます…

キャンプ場での限られた余暇時間を最大限活用するためには、車中泊キャンプは最適と言えます。

③鍵をかければ就寝時も安心

キャンプ場は山間部にあることが多いので、野生動物が身近に来る環境で寝ることとなります。

また女性キャンパーで問題視されている、不審な他キャンパーからの声かけ事案が心配な方も多いでしょう。

しかし車中泊であれば、鍵をかけることによって防犯面も含め安心して就寝できます。

なめくじ
なめくじ

夫婦でキャンプに行きやすくなりますね

④蚊や虫が侵入する心配が無い

テントは地面に接していたり頻繁に開け閉めするため、どうしても虫の侵入を許しがちです。

なめくじ
なめくじ

蜂やカメムシがテントに入ったら最悪ですよね

しかし車中泊キャンプだと荷物を一旦出せば開け閉めが最小限で済みますし、タイヤの高さ分地面から離れているのでほとんど虫が入ってきません

虫が苦手なキャンパーにとって、車中泊は快適に夜を過ごせる手段の一つです。

⑤テントより暖かい

モノにもよりますが、一般的にテントより車の方が断熱性能が高い傾向にあります。

よって夜に冷え込みがちなキャンプ場では、テントより車中泊の方が暖かく過ごせます。

室温が暖かいということは、高級・高性能な寝袋が要らず準備が安価に済むことにも繋がります。

なめくじ
なめくじ

ちなみに残念ながら夏だけは車中泊は非推奨です

⑥手荷物が少ない

車中泊キャンプではテントを設営しないので、重いテントやグラウンドシート・ポール・ペグが不要になります。

その分の手荷物が減るのは車中泊キャンプの利点と言えます。

またそれら荷物分の家での清掃をしなくていいので、自宅に帰ってからの片付けも楽になります

なめくじ
なめくじ

テントとシートの片付けが無いのは本当に楽です

⑦比較的安価にキャンプできる

キャンプをするにあたって、最も大きな買い物の一つがテント(+付属品)です。

これらを省いたり防寒グッズや就寝用グッズの性能を落とせるので、通常のキャンプと比べてコストが安く済みます。

もちろん車中泊用に新たに車を買ったりお金のかかるDIYをすれば別ですが、そうでなければ車中泊キャンプの方が安価にキャンプできると言えます。

なめくじ
なめくじ

最初は家にある毛布とかで始めれば十分です

車中泊キャンプをする上での注意点

これから始める方に向けて、車中泊キャンプにおける注意点も簡単に解説します。

以下のマナーを守って、楽しく車中泊キャンプをしましょうね。

  • 車中泊が許可されている場所で行う
  • 周りへの光(車内灯・車内用ライト)の配慮
  • 周りへの音(喋り声・ドア開閉音やロック音など)の配慮
  • ゴミ出しはルールに従って
  • キャンプサイトでの走行は徐行厳守
  • その他、各キャンプ場の特設ルールを守る

最後に

車中泊キャンプは通常のキャンプスタイルと比べて、より安心・より簡単というメリットがあります。

もちろんテント設営もキャンプの楽しみの一つという方には、少し違和感を覚えるかもしれません。

しかし忙しくてキャンプ場への到着が遅くなりがちなキャンパーの方には、時間を最大限使える車中泊キャンプはぜひ試してみてほしいスタイルです。

興味が出てきた方は、さっそく次回にでも挑戦してみてくださいね。

なめくじ
なめくじ

ではまた次の記事でお会いしましょう

タイトルとURLをコピーしました