【奈良・月ヶ瀬キャンプ場】夫婦で一泊キャンプへ行ってきました!【2024.3】

夫婦でキャンプ

<当ページにはプロモーションが含まれています>

今回は奈良の月ヶ瀬キャンプ場へお邪魔したので、旅程をレポートにまとめます。

月ヶ瀬キャンプ場さんや近隣のキャンプ場が気になっている方の参考になれば嬉しいです。

キャンプ・車中泊2年目、30代夫婦の夫のほうです。

夫婦キャンプや車中泊の楽しさを発信して、「始めてみようかな」という方たちが増えるといいなと思っています。

下の楽天ルーム(R)ではお勧めギアを紹介してますので、興味があれば覗いてみてください!

#なめくじをフォローする

概略

今回のキャンプの概略です

  • 2024年3月
  • 大阪→月ヶ瀬キャンプ場で一泊
  • 天気は雨〜雪
  • 新幕投入

1日目(大阪〜月ヶ瀬キャンプ場)

今回は祝日+平日休みの旅程だったので、朝から起きて夫婦2人で荷物の積み込みです。

ホームセンターやスーパーは伊賀の方にしかないため、高速に乗る前に薪や食料を調達しておきます。

11時頃に大阪を出発し、近畿自動車道・西名阪自動車道を乗り継いで、月ヶ瀬キャンプ場さんへ到着したのは約2時間後。

祝日の割には混んでいませんでしたが、強風で70-80km/hしか出せなかったので少し時間がかかりました。

なめくじ
なめくじ

軽バンは本当にハンドルが持ってかれますね

現地へ着いた昼1時過ぎ、天気はあいにくの小雨で焚き火をできるかどうかという状態です。

オーナーさんから一通りの説明と現金清算を終え、割り当てられたA-2区画へ車で乗り入れます。

区画は約120m^2という説明通り広かったのですが、真ん中付近にできている水たまり避けるように区画のやや外れにテントを設営しました。

区画の真ん中は人の動きで地面の凹凸ができやすいのかな?

新幕登場(my new gear…)

今回下ろした新幕はNaturehikeの「カーサイドテント」です。

なめくじ
なめくじ

とうとうウチにも高級品が…(感慨

Naturehikeは2010年設立の中国系ブランドですが、我らがFIELDOORのような最廉価ブランドではなく、LOGOSやDOD、Captain Stag辺りとの競合です。

こちらの製品は定価¥55,000、我々はセール時に¥45,000で購入しました。

新幕出す時に風・雨・雪というね…

最低気温0℃前後、雨〜雪でのキャンプでしたが、耐水性や保温能力はしっかりしていました。

※レビュー記事はコチラ

ついでに言えばWAKU FIMACの「ロールテーブル」とQUICKCAMPの「収束式ベンチ」も今回デビュー組でしたが、どちらも使い勝手は上々でした。

雨の設営、そして雪へ

さて話を元に戻しましょう。

カーサイドテントは、新幕らしい戸惑いは有りましたが、さほど苦戦せずに設営完了です。

まあ上着はガッツリ濡れましたけどね

風の吹き込みでまぁまぁ寒かったので、跳ね上げを開けたり閉めたり、出入り口も閉めてみたりと試行錯誤します。

しかしそうこうしている内に雨風は雪風へと変わり、更に我々の体温を奪っていきます。

最終的に一旦焚き火を諦め、フルクローズ+風暖で暖めたテント内に引きこもりながら、酒盛りを始めました。

※ベンチレーター開放+一酸化炭素チェッカー使用

徒歩2分の温泉へ

夜6時半頃には辺りはすっかり暗くなり、雪が強めなものの風は弱まっています。

ここで月ヶ瀬キャンプ場さんから徒歩2分のご近所にある梅の郷 月ヶ瀬温泉さん(夜8時半閉館)を利用させてもらって、冷えた体を温泉で温めます。

なめくじ
なめくじ

奥さんは展望露天風呂が気持ち良かったそうです(今回は?女湯)

テントへ戻ってきた頃には風も雪も弱まったためか、周りの利用者も焚き火をしているので、我々も参戦します。

後ろの金属はリフレクター

時々風が吹くのでちょっと火の維持が面倒でしたが、1時半ほど焚き火を楽しみながら2人で落ち着いた時間を過ごします。

夜10時半には焚き火を終了しなければいけないルールですので、10時頃には完全消火し、再びフルクローズにしたテント内で暖かい鍋をつつきます。

なめくじ
なめくじ

食事の写真はゼロです…撮り忘れてた…

車内の就寝モードへの展開は明るい内に終わらせていたので、眠気がきたら歯を磨いて眠りにつきます。

寝る直前の夜12時頃には雲が無くなったみたいで、空は星が光って綺麗でした。

2日目(朝焚き火〜撤収〜帰宅)

ぐっすり寝て、なめくじが起きたのは朝7時過ぎ。

早めに起きていた奥さんは朝焚き火をしています。

2日目の空は晴れ、風も弱く、まさにキャンプ日和で、「昨日がこれだったらなあ」と自分たちの雨男雨女っぷりを呪います。

良い天気です

ゆっくり朝食とコーヒーを摂り、9時半頃からようやく撤収の準備に入ります(11:30チェックアウト)。

結局テントを設営した場所も雨で地面がぬかるんだため、幕の裾やグラウンドシートが泥だらけです。

これらを自宅の狭い風呂場で洗うのは大変なので、最低限は洗って乾燥させ、なるべく綺麗にして片付けます。

雨じゃなければ要らなかったはずの洗浄作業をしつつ、他の利用者が撤収して去っていくのを見送ります。

なめくじ
なめくじ

10時過ぎには皆いなくなりました…さすがに早くない??

我々が撤収完了し、オーナーさんへ報告したのは丁度11時半、軽い疲労感とデトックスされた気持ちを胸に帰宅します。

途中で針テラスへ

産直で野菜を買いたいのとお昼を食べたいのとで、帰宅途中に道の駅 針テラスへ向かうことにします。

針T・R・S(テラス)の車中泊記事

2日目は平日でしたが、昼の針テラスにはそれなりの数のバイカーもおり、仲間と喋っていて楽しげです。

折角の奈良だしということで、お昼はここで「天理スタミナラーメン」を食べます。

初めての天理スタミナラーメン(店舗)

天理ラーメンについての雑記

その後に産直を覗きましたが、時間が遅いせいか野菜があまり無かったので手ぶらで買い物終了。

そして高速に乗り、昼2時半には大阪へ帰宅完了しました。

帰宅後

帰宅後はとりあえず車から荷物を下ろすだけして、しばしお昼寝。

夜はキャンプで余った食材や冷蔵庫のモノで適当におつまみを作り、これまた余ったお酒で晩酌です。

余ったラム肉の炒め物/できなかった燻製用タラコと余り焼き豚/余った刺身のさんが焼き
なめくじ
なめくじ

キャンプ後のこの時間も好きだったりします

別に仕事がメンタルに来てて、、なんてことはありませんが、キャンプの自然に囲まれた穏やかな時間は気持ちを落ち着かせてくれます。

「やっぱキャンプっていいよなあ」と改めて感じながら、眠りにつくのでした。

最後に

今回は奈良の月ヶ瀬キャンプ場へ行ってきました。

写真も色々撮ってきたので、レビュー記事はまた別でアップしようと思います。

風や寒さで苦労した面はありましたが、それも含めて楽しいキャンプでした。

自然相手のアクティビティですから色んなことが起こりますが、これからもポジティブに楽しんでいきたいですね。

なめくじ
なめくじ

ではまた次の記事でお会いしましょう

タイトルとURLをコピーしました